腸活コラム

COLUMN

2020.01.12

カラダのこげつきって知ってる?

今回は、普段の食事に関して振り返ります。

最近、魚を食べていない・・・。

チョコが手放せない!

飲み会が多い・・・。

ひとつでも当てはまるなら、紹介する対策方法を試してみてください。

食事のバランスを整えることで、健康的なカラダに近付きます。

魚は週2回以上食べよう

魚介類、週に何回食べていますか?

水産庁のアンケートによると、

  • 週2~3回:54.9%
  • 毎日:約10%

となっています。 

一方で、「積極的に摂りたい」と思っている人は95.3%と高いんです。 

魚を週2回以上食べると、

  • 遅延型アレルギー予防
  • 骨などのカルシウム代謝
  • インフルエンザなどの感染予防

といった効果が期待できます。

さらに、心臓病の発症が減り、寿命を延ばせるという調査結果も発表されています。

魚に含まれるDHA(ドコサヘキサ塩酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には、心筋梗塞の予防に繋がります。

まったく食べない人に比べ、平均2.2年長生きするというのです。

しかし、魚は肉に比べ調理が難しい・メニューが少ないんですよね。

そのため、日常的に取り入れやすいサバ缶・イワシ缶が人気が高いのです。

  • 栄養価の面で優れている  
  • 簡単に食べられる
  • 安価に手に入る

とメリットたくさん。

ご自身のライフスタイルに合わせて、魚を摂り入れてみてください。

チョコの食べすぎには水

チョコを食べる機会は多いですか?

疲れたから・頑張ったから、チョコを食べるというのはよくある話です。

チョコへの依存が強いと、

  • だるさ
  • 仕事にしっかり取り組めない
  • ポジティブに考えられない
  • 意欲が出ない

といった症状が見られるケースも。

そんな時は、水を飲みましょう。

実際、水を飲むようになるだけで、チョコを食べたくなくなり、 疲れが取れ、前向きになった方がいます。

なぜ、水だけで改善されるのでしょうか。 

人間の体内の60~70%は水分と言われています。

脳の神経伝達についても、神経細胞における軸索(いわゆる神経線維)の中で、神経伝達物質が運搬される際に水が必要です。

水分が満たされることで脳内の神経伝達機能が改善し、情報の伝達がスムーズにできるようになるようです。

つまり、水分が少なくなった場合には、幸せ・やる気を感じる感情が伝達しにくくなる可能性があるのです。

もしも、やる気が軽減してきていたり、もの忘れが多くなってきたりしていると感じているのであれば、水分不足の可能性を疑ってみてください。

これを機に、水分を積極的に摂りましょう。

恐るべき「こげつき物質」

11月末から1月は、多食の機会が増えます。 

  • 忘年会
  • クリスマス
  • 年末年始
  • 新年会 

特にクリスマススウィーツは、糖の摂取が気になりますよね。 

加えて、「こげつき物質」が多くなる時期でもあります。

「こげつき物質」をご存知でしょうか。

体内に蓄積した糖は、最終的には最終糖化生成物(AGEs)になります。 

AGEsは、カラダの中の様々なタンパク質が糖と結合し、変性して体内に蓄積します。

蓄積が増えると、老化が促進し様々な病気を引き起こすと考えられています。

例えば、

  • 糖尿病
  • 腎疾患
  • 骨粗鬆症
  • 網膜症
  • 心疾患
  • 神経変性疾患
  • 皮膚の変性
  • 加齢の促進

などが挙げられます。

「こげつき物質」を抑えるには、

  • 糖化した食品(菓子類・揚げ物・アルコールなど)は控える
  • 低GI値の食品(緑黄色野菜・魚介類・肉類など)を選ぶ
  • 野菜やタンパク質を先に食べる
  • 運動をおこなう
  • 調理法の工夫
  • 抗酸化物質の摂取

といった対策が必要です。

AGEsは医療機関で測定することができますので、確認してみてください。

病気のリスクを抑えるためにも、「こげつき」体質の改善をしていきたいですね。

まとめ

私達のカラダは口に入れる食べ物で作られています。

普段の生活で気をつけたい、3つのポイントをまとめました。

  • 魚は週2回以上食べる(サバ缶・イワシ缶を活用)
  • チョコ依存には水を摂取する
  • 「こげつき物質」を抑える(揚げ物・アルコールなどを控える)

これらを守ることで、元気に長生きできる可能性が高まるでしょう。

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら