腸活コラム

COLUMN

2019.11.10

私のダイエット!その4(必須栄養素の重要さ)

偏った食事を続けていた結果、肌がボロボロになりました。

しかし、一人暮らしをやめて実家へ帰ると、肌の調子は良くなりました。

今回は、なぜ肌の状態が回復したのかを説明しましょう。

健康的なダイエットをする上で、覚えておきたいことにつながります。

「カロリー制限ダイエット」または「~だけダイエット」の危険性に気づくはずです。

痩せたい気持ちはわかりますが、安易に食事を抜くのはやめましょう。

実家に戻ると、肌の調子も戻る

これまでは病院研修のために一人暮らしの状態でしたが、実家暮らしに戻ります。

病院での研修後に、実家に近い大学院に入学したのです。

実家では、基本的には母が食事を作ってくれました。

日常の食事のおける栄養バランスは、はっきり言って悪くはありませんでした。

その証拠として挙げられるのは、私の肌の状態です。

一人暮らしの生活でボロボロになっていた肌は、実家生活後は急速に回復していきました。

では、どんな食事が良かったのでしょう?

色々あるとは思いますが、毎朝の味噌汁にあると考えています。

味噌汁には、味噌に入っている大豆のタンパク質が含まれています。

さらに、味噌汁の具を食べることにより、栄養を摂ることができます。

それだけでなく、味噌汁で一番重要だと私が考えるのは「出汁(だし)」の存在です。

出汁を取る際、本来は昆布などの海藻類、かたくちいわしの煮干しやあご、鰹節などが

使われます。

うまみ成分であるグルタミン酸・イノシン酸などがにじみ出ます。

さらに、元々出汁の材料に含まれている

  • ビタミン類
  • ミネラル類

なども出汁の中に一緒に抽出されてきます。

しっかりと出汁を取って作られた味噌汁は、

味噌や具に加えて、出汁からも様々な栄養を摂ることが可能となります。

味噌汁以外にも、卵料理、肉や魚料理を作ってくれました。

いわゆる動物性タンパク質に関しては、比較的しっかりと摂れていたように思います。

健康には必須栄養素を

食品添加物たっぷりのレトルト食品などに頼ってしまった結果、肌がボロボロに。

原因は、栄養の偏り(かたより)でした。

一人暮らしの間に口にしていたものは、

三大栄養素である

  • 炭水化物(糖質)
  • タンパク質
  • 脂質

という括り(くくり)では炭水化物(特に糖質)の割合がかなり高い食事でした。

一方で、タンパク質や脂質は圧倒的に不足していました。

  • タンパク質(アミノ酸)
  • 脂質(脂肪酸)
  • ビタミン類
  • ミネラル類

といった必須栄養素がかなり不足または欠乏していたと考えられます。

必須栄養素は、私たちの体の成長や維持のために欠かせない栄養素です。

しかも、体内では十分な量を合成できないため、食物などから摂取しなければいけません。

健康的なダイエットには、必須栄養素の不足/欠乏を起こさないようにすることが大事なのです。

そのため、「カロリー制限ダイエット」または「~だけダイエット」というのはそもそも健康ダイエットとしては成立し得ないのです。

ダイエットの鉄則その2:必須栄養素は十分な量をしっかりと摂る!

寝る前のお菓子が定番に

ただし、普段の食事以外で、とある生活習慣がちょっとした問題になります。

夜中24時をまたいでの、「お茶」の時間でした。

「お茶」、といってもお茶を飲むだけではありません。

ほぼ毎晩、母から「お茶よ」と呼ばれて居間に行ってみると、必ずお菓子が用意されていたのでした。

用意してあれば、やはり、食べてしまいますよね。

それも1つだけでなく、続けて、2つ目、3つ目・・・。

お茶とお菓子を味わいながら、テレビを観つつ、たわいもない会話を家族でする、これが日課になっていました。

問題点は、この「お茶」の時間の後は特に体を動かすこともなく、そのまま寝てしまうということ。

しかも、お菓子はそのほとんどが米や小麦を使っています。

いわゆる、炭水化物(≒糖質)の多い食べ物ばかりでした。

では、なぜ、それが大きな問題となるのでしょうか?

炭水化物、特に糖質の多いものを食べると、必ず血糖が一旦は上がります。

一旦は、と書いたのは、血液の中に入った糖はエネルギー源として使われたり、姿を変えて貯蔵されたりするためです。

糖は、体にとって重要なエネルギー源であることは言うまでもありません。

特に、急激に大きなエネルギーを必要とする時に使われます。

例えば、

  • スポーツ(短距離走、砲丸投げ、やり投げ)
  • 重いものを一気に運ぶ仕事

などには、不可欠です。

つまり、寝る前に摂った糖はあまり消費されません。

次回、この問題について、さらに詳しく説明します。

まとめ

私の場合、栄養バランスの良い食生活に戻ると肌が治りました。

つまり、

ダイエットの鉄則その2:必須栄養素は十分な量をしっかりと摂る!

ということです。

具体的には、

  • タンパク質(アミノ酸)
  • 脂質(脂肪酸)
  • ビタミン類
  • ミネラル類

を欠かさず摂取しましょう。

健康には、味噌汁や卵・肉・魚料理などバランスよく食べることが欠かせないのです。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら