腸活コラム

COLUMN

2019.10.25

鉄は諸刃の剣(前編)

女性の皆さん、最近こんな悩みを持っていませんか。

「めまい、立ちくらみがする。」

「だるい、やる気が出ない。」

「動悸、息切れが激しい。」

そんなときは、鉄不足かもしれません。

鉄はよく聞く成分ですが、体内でどんな役割を持っているかご存知でしょうか。

今回から、鉄の働きについて解説します。

鉄は生きていく上で大切な成分なので、積極的に取り入れましょう。

鉄の主な役割

鉄は、人間の体にとっては極めて大事な役割を持つミネラルの一つです。

役割のひとつめとして、酸素を運ぶタンパク質であるヘモグロビンを作ります。

貧血は、鉄が欠乏し、ヘモグロビンが含まれる赤血球の大きさや量が十分に作られない状態です。

役割のふたつめ、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギーカプセルのようなものを作る際にも必要です。

ヘモグロビンが運ぶ酸素を使うことによって、糖や脂質が分解される過程で大量のエネルギーが生みだされます。

このATPを大量生産する場合にも、鉄が欠かせないのです。

他にも、

  • 体(皮膚や粘膜、骨)を支えるために不可欠であるコラーゲンを作る
  • 脳などにある神経細胞の活動に必要な神経伝達物質を作る

などを行います。

鉄は、元気な生活に欠かせないのです。

鉄が不足すると

逆に言えば、鉄が足りない状態では血液が十分に流れません。

例えば、

  • 貧血
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 動悸
  • めまい

などが起こり得ます。

また、エネルギー不足になるので、とても疲れやすくなるなど、慢性疲労の大きな原因にも。

さらには、髪の毛、皮膚、爪のトラブルにもつながります。

  • 抜け毛
  • 皮膚荒れ

などが起こってしまうのです。

歯肉出血などの粘膜疾患にかかるケースも。

鉄が減ってしまう理由

鉄は、尿や便、そして、汗からも失われます。

運動をし、汗を良くかく方はより多くの鉄を必要とします。

さらに、閉経前の女性は要注意です。

必要な鉄の量は、男性に比べても多くなっています。

  • 毎月1回の月経
  • 妊娠期(母胎内にいる胎児の成長や出産のため)
  • 授乳期(母乳中)

などで、大量に使われるためです。

鉄は、私たちの体にとって大事なミネラルなんですね。

まとめ

鉄は、人間の体に欠かせない成分です。

十分に摂取しないと、

  • 貧血
  • 頭痛
  • 抜け毛

など、不調に関わってきます。

しかしその一方で、鉄は私たちのカラダにとって問題にもなり得ます。

自分自身に降りかかるような刃(やいば)も持っています。

言わば、「諸刃の剣」です。

次回は、鉄のもう一方の側面について触れてみたいと思います。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら