腸活コラム

COLUMN

2019.10.24

赤ちゃんが「舐める」から除菌・殺菌?腸内細菌を増やすために

腸を守る役目を持っている「腸内フローラ」。

ベース(基本)となる細菌は、誕生時に入手します。

母親の産道を「舐める」、または空気を吸い込むことで、初めて腸内細菌が体内に入ります。

しかし、それだけでは十分ではありません。

腸内細菌を増やすためにも、たくさんのものを舐めるのです。

赤ちゃんの「腸内フローラ」を形成するため、親は何をすべきか確認しましょう。

「腸内フローラ」の細菌を増やすために

「腸内フローラ」のお花畑をさらにカラフルにするためには、様々な細菌が必要です。

赤ちゃんが細菌を増やしていくには、「舐める(なめる)」という行為が欠かせません。

身の回りのものを舐めるたびに、細菌が口を通して入っていくのです。

赤ちゃんのためを思って、除菌・殺菌を徹底する家庭もあると思います。

しかし、腸内細菌を増やすという観点では、そこまで行わなくても良いと考えられます。

主に赤ちゃんが舐めるものとして、おっぱいとおもちゃがあります。

それぞれについて、説明します。

例①おっぱい

生まれてから、まず舐めると思われるのが母親のおっぱい。

おっぱいを口に含む時にも、周辺に付いている細菌を舐めることになります。

母乳を与えるたびに、新たな細菌が赤ちゃんの口の中に入ってくるのです。

なので、母乳を与える前におっぱいをアルコール綿などで殺菌することは、あまり意味がありません。

というよりも、かえって、有害なことと言っても良いでしょう。

おっぱい周辺の皮膚を殺菌してしまうことにより、皮膚を覆っている常在菌が無くなってしまいます。

これは赤ちゃんにとっては、細菌が入る機会を奪うことになります。

お母さんにとっては、皮膚を保護している常在菌を無くしてしまい、かえって皮膚を傷付けやすくなります。

例②おもちゃ

生後2ヶ月頃には、赤ちゃんは何でも舐めようとします。

  • おもちゃ
  • タオル
  • 自分の手足

など、身近にあるものを舐めます。

周りの大人達は、「舐めるから清潔にしなくちゃ」と思うかもしれません。

しかし、口に含むものでも、過剰に殺菌する必要はありません。

おもちゃなどは、せいぜい水拭きする程度で十分です。

まとめ

赤ちゃんが舐める前に、「除菌・殺菌しよう」と考えるパパ・ママもいるでしょう。

しかし、赤ちゃんの「腸内フローラ」を豊かにするためには、あまり良くありません。

おっぱいやおもちゃなどを舐めることで、細菌を増やしているのです。

その中でも特に、腸にとっての良い善玉菌(有用菌)増やしていきたいところです。

この件については、次回お話します。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら