腸活コラム

COLUMN

2019.10.24

「グルテンフリー」製品を食べる際のポイント!2点

「リーキーガット症候群」の改善には、グルテンを避ける方法が良いです。

しかし、「グルテンフリー」商品は穀物類が多いもの

糖質を摂り過ぎてしまい、血糖の上昇につながります。

血糖を下げるため、膵臓から放出されるインスリンというホルモンが増えます。

結果的に太ってしまう、ということです。

加えて、過剰な糖質自体が腸の粘膜を傷めます。

「リーキーガット症候群」の悪化を引き起こす可能性があるのです。

今回は、「グルテンフリー」製品を食べる際のポイントを2点紹介します。

シンプルな方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

ポイント①食べ方の順番

「グルテンフリー」商品や糖質量が多いものを摂取する際に気を付けたいこと。

まずは食べ方の順番、つまり、「食べ順」です。

具体的にはどうすれば良いのでしょうか。

よく、「野菜を最初に食べるように!」と聞きませんか。

実は、血糖の上昇に影響するのは野菜だけではないんです。

ある実験で、血糖の上がり下がりを見てみました。

例えば、パンを食べるとしましょう。

実験によれば、ただパンを食べる場合よりも、

一緒にタンパク質主体のものを食べるほうが、血糖の上がり方が弱くなるのです。

野菜に限らず、タンパク質が豊富なもの

  • 納豆

などのおかずを先に摂りましょう。

血糖の上がり方は抑えられます。

「野菜ファースト」ならぬ「おかずファースト」が大事になってきます。

食べる順番を、変えてみましょう。

ポイント②噛む回数

「グルテンフリー」製品を使った食事には、時間をかけることも有効です。

しっかり噛んで食べましょう。

一口30回噛む、「カムカム30」ルールです。

以前、フィギュアスケートで金メダルを取ったエフゲニー・プルシェンコさんがおっしゃっていました。

医師から、

「一口33回噛んで食べましょう」

と言われたそうです。

30回以上噛むのは世界共通、金メダリストも実践しているのですね。

難しいという方には、

「お箸を置いてから30回噛んで、また、お箸を持って食べてください」

とお話します。

すると、そのうちに慣れ、いつの間にか習慣になってしまうこともあります。

噛む回数を増やしてみてくださいね。

まとめ

「リーキーガット症候群」の予防・改善には小麦製品を控えましょう。

代替として「グルテンフリー」を食べる場合もあるはず。

摂りすぎには気を付けましょう。

また、

  • 「おかずファースト」
  • お箸を置いて「カムカム30」

を実践するのがおすすめです。

健康的な食生活を送りましょう。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら