腸活コラム

COLUMN

2019.10.24

「グルテンフリー」製品の摂り過ぎはNG?

「リーキーガット症候群」の予防と改善。

ひとつは、「グルテンフリー」商品を使う方法です。

小麦製品を避けている間でも、麺類などを食べられます。

とっても便利なアイテムですよね。

しかし、使うにあたって、気を付けなければいけない点もあります。

今回から注意点を紹介していきます。

美味しく楽しく、「グルテンフリー」生活を続けましょう。

「グルテンフリー」の注意点

「グルテンフリー」製品を摂るのは良いのですが、注意点がひとつ。

「グルテンフリー」製品は、ほとんどが小麦以外の穀物で作られています。

例えば、

  • コメ(白米や玄米)
  • そば
  • とうもろこし
  • 馬鈴薯(じゃがいも)

などです。

このような穀物の共通点は、糖質が多いこと

「グルテンフリー」だからといって、安心してたくさん食べてしまうとどうなるでしょうか。

確実に、糖質を摂り過ぎてしまうのです。

ということは、血糖の上昇につながります。

血糖が上がると、下げるためにインスリンというホルモンが出ます。

このインスリンが、太る原因になるのです。

その他に、過剰な糖質自体が腸の粘膜を傷めることも分かっています。

つまり、「グルテンフリー」を食べすぎると「リーキーガット症候群」にもつながるのです。

「グルテンフリー」を食べるなら

「リーキーガット症候群」を治すために、「グルテンフリー」製品は◎。

「グルテンフリー」を選べば、

  • パン
  • パスタ
  • ラーメン
  • うどん
  • デザート(ケーキやクッキー)

なども食してOK!

ですが、先述の通り食べすぎてしまうと、マイナスの影響を受けてしまいます。

「リーキーガット症候群」の悪化にもつながるのですから、本末転倒ですよね。

摂り過ぎには、くれぐれも注意したいものです。

「グルテンフリー」商品を選ぶのであれば、量と食べる順番に気を付けましょう。

食べ物を口に入れる順番については、グルテンの問題に限らず、健康のために重要です。

では、どのような順番で食事を摂るべきなのでしょうか。

続きは次回、お話する予定です。

まとめ

「リーキーガット症候群」の改善には「グルテンフリー」製品は有効です。

小麦を避けて、「あれもダメ、これもダメ」とストレスを溜めるよりは健康的。

ですが、何事もやりすぎは禁物です。

「グルテンフリー」は穀物(コメ、そば、とうもろこしなど)を用いられています。

食べ過ぎは

  • 肥満
  • 腸の粘膜を傷つける
  • 「リーキーガット症候群」の悪化

を引き起こす原因になります。

「グルテンフリー」製品を活用するため、量と食べる順番に気を付けましょう。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら