腸活コラム

COLUMN

2019.10.24

「リーキーガット症候群」を防ぐため「グルテンフリー」製品を選ぶ

「リーキーガット症候群」の大きな原因のひとつはグルテンです。

これまでは、グルテンをいかに除去するかを考えてきました。

今回紹介する方法は、「グルテンフリー」の製品を使うということです。

グルテンを使わない製法で作られた食品なら、あまり苦しさを感じずに済みます。

「ラーメンが食べたい!」と思ったときは、代替品を使ってみましょう。

グルテンの除去がつらい・・・

「リーキーガット症候群」のために、グルテンの除去は重要です。

しかし、毎日小麦製品を避けるのは大変です。

たまには、

麺類を食べたい・・・。

子どものためにお菓子を作りたい・・・。

と思うことはあるでしょう。

そんな場合に、

「いや、食べちゃダメだ・・・。」

と続けていたら、確実にストレスが溜まってしまいます。

後日触れますが、このストレスも実は「リーキーガット症候群」の原因になるのです。

負担を比較的に減らしながら、グルテン除去をしていきたいですよね。

「リーキーガット症候群」の予防・改善を優先すると、食の楽しみが減ってしまいます。

「グルテンフリー」製品を食べよう

グルテンを無理なく控えるために、「グルテンフリー」の製品を使いましょう。

「グルテンフリー」の食品を使えば、自然にグルテンを避けられます。

例えば、

  • うどん
  • ラーメン
  • そば
  • そうめん
  • 玄米ご飯
  • パスタ(スパゲッティ)
  • グラタン(ペンネ、マカロニ)

などが販売されています。

パンなどでも、小麦粉を全く使わないものもあります。

他にも、

  • シチュー、カレーのルー
  • ホットケーキミックス
  • コーンフレーク(シリアル)
  • クロワッサン
  • お好み焼き粉
  • たこ焼き
  • お菓子(せんべいなどのおやつ)
  • 醤油
  • アルコール

といった、様々な種類があるんです。

味も美味しく、食感も工夫されているものも。

ネットで検索する際は「グルテンフリー うどん」と入力してみましょう。

通販で売っているケースが多いので、つらさを感じずにグルテン除去を行えますよ。

まとめ

「リーキーガット症候群」を治すため、グルテン除去は必須です。

しかし、毎日小麦製品や隠れグルテンを避けていると、疲れてしまいますよね。

ストレスが溜まれば、心だけでなく「リーキーガット症候群」にも悪いです。

それなら、「グルテンフリー」製品を探してみませんか。

  • ラーメン
  • パン
  • シチュー・カレーのルー
  • たこ焼き
  • 醤油

など、多くの代替品が見つかるはずです。

ただ、このような「グルテンフリー」商品を使うにあたっては気を付けなければならない点もあります。

次回お話しますね。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら