腸活コラム

COLUMN

2019.10.23

「リーキーガット症候群」予防・改善方法!グルテンを控えよう(まとめ)

これまで、「リーキーガット症候群」について、原因や対策を説明しました。

この記事でおさらいをしましょう。

腸を大切に扱うことは、体全体を守ることにつながりますよ。

「リーキーガット症候群」は異物が体内を巡る

「リーキーガット症候群」では、腸が止めるはずのものを血管に流してしまいます。

  • 未消化のタンパク質
  • 細菌やウィルス自体
  • 細菌やウィルスなどに対する抗体
  • 細菌などが出す毒素

が通過してしまうのです。

そのため炎症が起こり

  • ニキビ、赤ら顔
  • プツプツとした二の腕などの皮膚湿疹
  • 抑うつ感
  • 便秘
  • 下痢

などが発生します。

手足が麻痺する「ギランバレー症候群」の原因にもなります。

「リーキーガット症候群」をそのままにしておくと、危険な状態を引き起こすのです。

分かりやすいグルテンを避けてみる

「リーキーガット症候群」の主な原因は、グルテン。

モチモチ・ネバネバした特性が悪さをしてしまうのです。

予防と改善のため、グルテンの除去が必要です。

まずは、目に見える明らかなグルテンの除去を行いましょう。

  • うどん
  • ラーメン
  • パスタ
  • まんじゅう
  • シュウマイ
  • パン
  • ピザ
  • スナック菓子
  • クッキー

など、小麦が使われているものを食べないようにします。

いわゆるグルテンフリーですね。

2〜4週間試してみましょう。

隠れグルテンも避けてみる

「小麦の食品を控えても、あまり大きな効果が得られなかった・・・。」

それなら、次の段階へ進みましょう。

  • 醤油
  • 味噌
  • ハム
  • ちくわ
  • ドレッシング

などもグルテンが配合されている場合があります。

さらなる隠れグルテンも避けるため、原材料名の表示を確認します。

例として、

  • 「小麦」
  • 「麦芽」
  • 「加水分解タンパク(物)」
  • 「調味料(アミノ酸)」

があります。

実は、「調味料(アミノ酸)」はグルテンについてはあまり問題ありません。

しかしながら、グルタミン酸などのアミノ酸は脳にとっての刺激物になります。

別な意味で避けた方が無難でしょう。

その他にも、

  • 「デキストリン」
  • 「植物性たんぱく」

も一部可能性があるようです。

ただし、

  • 「デキストリン」
  • 「加水分解タンパク(物)」

については、大豆などからの由来も多いです。

グルテンが含まれているのは一部ということを忘れないでくださいね。

このようなパッと見た感じで小麦と分からないものでも、グルテンが入っている可能性はあります。

大変ではありますが、口に入れる前に成分をチェックしましょう。

まとめ

漏れやすい腸「リーキーガット症候群」についてまとめました。

大きな原因であるグルテンを摂取しないようにしましょう。

まずは、小麦と分かりやすい製品を2〜4週間程度控えます。

それでも改善されないようであれば、隠れグルテンも除去します。

成分表示をチェックしてください。

「リーキーガット症候群」を予防・改善するため、グルテンから離れてみましょう。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら