腸活コラム

COLUMN

2019.10.23

「リーキーガット症候群」予防・改善方法!グルテンを控えよう

風邪でもないのに、

「なんだか体調が悪い・・・。」

と感じるのなら、「リーキーガット症候群」かもしれません。

腸が本来の機能を果たせない状態で、体全体の不調を招く恐れがあります。

今回は「リーキーガット症候群」の予防・改善方法について紹介します。

元気でいるために何をしたら良いか、チェックしましょう。

「リーキーガット症候群」で腸から異物を漏らす

「リーキーガット症候群」では、腸粘膜におけるバリアが弱くなっています。

  • 未消化のタンパク質
  • 細菌やウィルス自体
  • 細菌やウィルスなどに対する抗体
  • 細菌の出す毒素

が腸を通過してしまう危険性があります。

腸粘膜に出来てしまった隙間が小さい場合は、比較的小さい分子である未消化タンパク質が、

隙間が大きくなるにつれて、細菌の出す毒素や抗体、大きめの未消化タンパク質などが通り抜けます。

ついには、細菌や真菌などの病原菌自体までも漏れてしまいます。

そして、その下を流れている血管の中に未消化タンパク質などが入ります

慢性的な炎症が生じ、様々な症状を生み出してしまうです。

このように恐ろしい「リーキーガット症候群」ですが、予防・改善方法はあるのでしょうか。

「リーキーガット症候群」の予防・改善方法(グルテンを避ける)

「リーキーガット症候群」の主な原因の一つはグルテンです。

品種改良された小麦には、粘着力が強いグリアジンが含まれています。

このグリアジンから作られるグルテンも、かなり粘着力が高くなります。

そして腸粘膜を傷付けてしまうのです。

つまり、グルテン除去が、最適な解決方法でしょう。

持っている症状やモチベーションによって異なりますが、まずは出来るところから始めてみてはいかがでしょうか。

例えば、小麦を使った麺類である、

  • うどん
  • 冷や麦
  • そうめん
  • ラーメン
  • そば(10割そば以外)
  • パスタ

などを避けましょう。

また、小麦粉から外側の皮を作っている

  • まんじゅう
  • ギョウザ
  • シュウマイ

そして、小麦が原料となる

  • パン
  • ピザ
  • お好み焼き
  • もんじゃ焼き

なども注意しておきたいですね。

また、小麦が含まれている

  • スナック菓子
  • ビスケット
  • クッキー
  • ケーキ

なども挙げられます。

まずは、このような分かりやすいグルテンを避けてみてください。

期間の目安としては、2~4週間程度。

改善効果が明らかであれば、グルテンが体調不良の原因だったということになります。

まとめ

「リーキーガット症候群」の症状を軽減するには、グルテンを取り入れないことです。

小麦から作られている食品

  • うどん
  • ラーメン
  • 餃子
  • パン
  • クッキー

などは控えたほうが良いでしょう。

2週間以上続けてみると、違いを実感するかもしれません。

「リーキーガット症候群」の対策として、グルテンフリーを行いましょう。

神谷仁医学博士

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら