腸活コラム

COLUMN

2019.10.05

暑さにも負けない!「デトックスウォーター」の作り方

暑い夏には、冷たいものが欲しくなりますよね。

真夏日や猛暑日が続くと、炭酸飲料がよく売れます。

全国清涼飲料工業会の調べによると、炭酸飲料市場は年々成長しています。

上位10位の商品のうち7品目は、

「無糖の炭酸水」または「カロリー0の炭酸飲料水」とのことでした。

ですが、体のことを考えるなら栄養面に目を向けましょう。

イチオシは「デトックスウォーター」、野菜や果物などを入れた、手作りのドリンクです。

この記事では、メリットや作り方についてまとめました。

「デトックスウォーター」でしっかり栄養を摂り、夏場を乗り切りましょう。

「デトックスウォーター」とは?

炭酸水も美味しいのですが、私は「デトックスウォーター」を飲んでいます。

ボトルの水に

  • 野菜
  • 果物
  • ハーブ

を入れ、一晩冷蔵庫で寝かせたものです。

「デトックスウォーターって、どんな効果があるの?」

と聞かれます。

主なメリットは4点。

  • 材料の栄養を摂れる(※全部とは言い難いです)
  • 食物繊維を摂れる
  • 視覚的効果によるストレス軽減
  • スムージーに比べ果糖がすくない

「デトックスウォーター」は、夏におすすめの飲み物なんです。

「デトックスウォーター」を作るには?

「デトックスウォーター」の作り方は簡単です。

  • 簡単に作れる
  • 美味しい
  • 目で見て楽しめる

とメリット沢山の「デトックスウォーター」。

使用材料と、ポイント2点を紹介します。

「デトックスウォーター」、さっそく試してみませんか。

「デトックスウォーター」の使用食材

野菜・フルーツ・ハーブ、お好きなものでOKです。

例えば、

  • ビーツ(赤くきれいな色が出ます!おすすめ)
  • きゅうり
  • トマト
  • スイカ
  • セロリ
  • レモン
  • オレンジ
  • リンゴ
  • ミント
  • ローズマリー
  • レモンバーム

などなど。

入れる材料によって、味も見た目も変わります。

色々チャレンジしてみてくださいね。

ポイント①材料は野菜をメインにする

糖分を考えると、フルーツよりも野菜中心のほうが好ましいです。

防腐剤が使われていたり、消毒されていたりしているものは避けましょう。

ポイント②食中毒には注意

食中毒を避けるために、作ってから24時間以内に飲み切りましょう。

一度使った食材で、2回目は作らないようにしてください。

まとめ

真夏日・猛暑日にはスッキリとしたドリンクが美味しいですよね。

炭酸飲料でもよいのですが、せっかくなら体が喜ぶものを摂りましょう。

「デトックスウォーター」がおすすめです。

お好きな

  • 野菜
  • 果物
  • ハーブ

を入れるだけの、簡単美味しい飲み物です。

女性の皆さん、「デトックスウォーター」で体も心も元気になりましょう。

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら