腸活コラム

COLUMN

2019.10.01

腸と脳の関係とは?GABAを増やして、体も頭もスッキリ

今回は、腸と脳の関係についてお話します。

腸を変えれば、さらに「良好な脳」を作り出すことが可能です。

そもそも、良好な脳ってどんな脳?

いつも頭の中がモヤモヤしている・・・。

おすすめ食品が知りたい。

そのように考えたことがあるのなら、きっとお役に立ちます。

神経伝達物質である「GABA」が含まれている食品も紹介します。

腸から「良好な脳」へアプローチしてみませんか。

「良好な脳」とは?

「良好な脳」って、一体どういうものでしょうか?

様々な見解がありますが、ひとつとして、

「ニューロン(脳を構成する神経細胞)同士の連絡がスムーズ」な状態を言います。

ニューロンの末端となる「シナプス」と、

別なニューロンとの間を媒介する神経伝達物質が、どれだけ滑らかに動くか?

という点に関係しています。

つまり、

  • 神経伝達物質が豊富にある
  • ニューロン間を素早く動いている

この2つがあれば伝達の効率は良くなり、「良好な脳」と言えるでしょう。

「良好な脳」は切り替え上手

「良好な脳」には、「オン・オフ」が欠かせません。

  • しっかりと取り組む
  • リラックスする

この切り替えが大事なのです。

このようなスイッチの役割をするのが、先ほど述べた神経伝達物質です。

例えば、

  • セロトニン
  • ドーパミン
  • ノルアドレナリン
  • GABA(ギャバ)

などといったものがあります。

この中で、特に大きな役割を持つのが「GABA(ガンマアミノ酪酸)」

最近では、ストレスを低減するとして、チョコレートに入っている商品も発売されています。

「GABA」は「グルタミン」というアミノ酸が原料で、腸内の細菌が作り出します。

更に、脳の中でも「GABA」を生成します。

脳には血液脳関門があり、「GABA」が直接入りにくなっています。

脳内で「GABA」を作るために、まず、原料となるグルタミンやグルタミン酸が脳の中に入ります。

ナイアシンやビタミンB6の助けを得て「GABA」が作られる、という流れです。

その際に必要なビタミンB群も、腸内細菌が関わっています。

元気な腸は、「GABA」をしっかりと生み出すということです。

「良好な脳」にしたいのなら、腸も見直しましょう。

「良好な脳」へ導く食べ物

「良好な脳」に変えたいなら、「GABA」が多く含まれている食品を摂りましょう。

野菜・果物は特に多いので、積極的に食べてくださいね。

野菜100g中の含有量(mg)

  • トマト:62.6
  • ジャガイモ:35
  • なす:20
  • かぼちゃ:9.7
  • カブ:8.2
  • キャベツ:8.2
  • しいたけ:8
  • きゅうり:7.2
  • 枝豆:6.4
  • にんじん:6.2
  • 大根:5.5
  • ピーマン:4.4
  • インゲン豆:4.3

果物類100g中の含有量(mg)

  • 温州みかん(貯蔵):28.9
  • ぶどう:23.2
  • 温州みかん:17.5
  • ニューサマー:14.7
  • ゆず:12.4
  • 甘夏みかん:12.1
  • ネーブル:11.5
  • イヨカン:10
  • 愛宕(あたご)柿:9
  • ビワ:8

穀類100g中の含有量(mg)

  • 発芽玄米:10
  • 玄米:3
  • 胚芽米:2.5
  • 白米:1

まとめ

健康的な腸は、「良好な脳」を作りやすくなります。

神経伝達物質「GABA」をたくさん摂取出来る食べ物は以下です。

  • トマト
  • ジャガイモ
  • 温州みかん(貯蔵)

腸から、スッキリとした脳へアプローチしませんか。

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら