腸活コラム

COLUMN

2019.10.01

腸を元気にする食材とは?摂取目安もチェック

突然ですが、あなたは「腸活」してますか?

「腸内フローラ」、「腸内環境」といった単語を

思い浮かべると思います。

ところで、あなたの腸管は元気でしょうか?

「え!腸管が元気かどうかなんて分からない!」

と思いました?

この記事では、腸管を強くするための食材を紹介します。

効率的に栄養を摂り、腸もお肌もキレイにしましょう。

腸管とお肌は似ている

以下のどれか、当てはまるものはありますか?

  • お肌にハリがない
  • お肌につやがない
  • お肌がしっとりしていない

実は、

腸管を作っている組織構造とお肌の組織構造は似ています。

腸管もお肌も良好にするには、ある栄養素が必須なんです。

それは、「コラーゲン繊維」!

体の中身も表面も健康的になるためには、「コラーゲン繊維」が重要なんです。

腸管を強化する食材

元気な腸管に育てるため、「コラーゲン繊維」を強化しましょう。

タンパク質・鉄分とビタミンCが必要です。

「お肌の状態が良くない・・・。」という方は、

これらの栄養が摂れていない可能性が高いんです。

腸管・お肌のために、3つのポイントを押さえましょう。

①良質なタンパク質を摂る

1日での摂取目安は、体重×1.0gです。

動物性・植物性両方が必要です。

動物性なら、

  • 肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)
  • 魚介類(鮭、鱈)
  • 乳製品(牛乳、ヨーグルト)
  • 卵類

植物性は、

  • 豆類(大豆、納豆、ピーナッツ)
  • 穀類(そば、米、大麦)
  • 種実類(くるみ、アーモンド、カシューナッツ)

バランス良く食べましょう。

②鉄分を摂る

1日での目標摂取量は、成人女性(月経あり) 10.5mg/日、成人男性 7.0~7.5mg/日。

鉄分は主に2種類(ヘム鉄・非ヘム鉄)に分けられます。

吸収率の高い「ヘム鉄」が望ましいです。

  • レバー(豚、鶏など)
  • 赤身の肉
  • 赤身の魚
  • 青背の魚
  • 貝類(あさり、シジミなど)

③ビタミンCを摂る

成人なら、最低でも1日100㎎が目標です。

ビタミンCはカラダの様々なところで使われるので、1000mg/以上摂取するのが理想です。

果物・野菜に多く含まれていますよ。

  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • アセロラ
  • ケール

「腸活」・「腸食」とは

腸活環境育成協会では、「腸活」・「腸食」という言葉をよく使います。

「腸活」は、腸の知識を日々の活動に取り入れること。

  • 腸を知る
  • 腸を大切にする

この2点が、健康な生活の基本になる

という考えです。

「腸食」は、「腸活」の考え方を反映した食事。

先程述べた食材を、食べることですね。

この両者の違い、ぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

腸管を鍛えるため、おすすめの食品を紹介しました。

チェックポイントは以下の3点です。

  • ①良質なタンパク質を摂る
  • ②鉄分を摂る
  • ③ビタミンCを摂る

毎日の食事に組み込み、丈夫な腸管とお肌を作りましょう。

LINE

友達追加はこちら!

レシピやお料理教室、コラムなどの最新情報発信しております。
QRコードで簡単にご登録いただけます!
QRコードが読み込めない場合はIDから検索いただけます。→@crp4298f

友だち追加

 腸活・腸育にお役立て頂ける
「食と健康」情報をお届けします!

※毎週月曜日配信

メルマガ登録はこちら