手作りベジフル発酵ドリンク講習の中止について

 

自宅で発酵ドリンクを作っている方にとっても、たいへん重要な内容ですので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

この度、当協会で行っておりました「手作りベジフル発酵ドリンク」の講習及び、手作りの推進を中止する事になりました。

中止理由として、食品検査機関にアルコール度検査を依頼したところ、作り方、食材の選択により酒税法で規定されております消費者が、「自ら消費するために酒類に水以外の物品を混和する場合で、アルコール分 1 度以上の発酵をしないこと」という規定から外れてしまうケースが生じる事が判明したためです。

 

今まで腸活食としてお伝えして参りましたが、手作りされる中でアルコール度数1度未満に必ず抑える方法が現段階で見つかっておりません。

自家製での発酵ドリンクを行っている場合は、中止されることをお願い致します。

 

補足になりますが、糖度を上げることで最終生成物におけるアルコール度数が上がる可能性が高くなるとの事です。

また、柿酢など発酵させてから熟成させて、酢を作る場合も途中で1度以上のアルコール発酵が生じるので酒造免許が必要との事です。

 

以上、ご報告させていただきます。