腸は神の手

最近良く取り上げられていますが、腸は人間にとって、とても大事な臓器の一つと言えます。

 

その腸の機能の中で、最も大事なものの一つが、バリア機能です。

 

バリア機能というと、何か難しいように聞こえますが、

つまりは、体にとって余計なもの、害となるものは吸収せずに、便と一緒にして体の外に出してしまう、ということです。

本来の腸は、栄養成分など体にとって有益となるものだけを取り込み、

それ以外のものは、吸収せずに、外に出してしまうものなのです。このような腸について、

異なる2部門のノーベル賞(化学賞と平和賞)を単独で受賞された史上唯一の方であるライナス・ポーリング博士は「神の手」と呼びました。

では、そのような「神の手」と言えるような腸にするためにはどうしたら良いか、一緒に考えて参りましょう。